NEWS

2017年7月29日

『レディレディ!!』もう一つの最終回

photo-33a-web英洋子先生の『レディ!!』を原作にしたアニメ、『レディレディ!!』がテレビ放映されて今年で30年を迎えます。このアニメのTVシリーズは全21話。第21話「さようならイギリス」が最終回となりますが、実はもうひとつ、同じストーリーラインで製作された最終回が存在します。それが劇場版『レディレディ!!』です。当時テレビ放映中の『レディレディ!!』の最終回に先駆けて、最終話を映画で公開、というのが本作で、「東映まんがまつり」として、『聖闘士星矢』、『ビックリマン』、『仮面ライダーBLACK』とともに劇場公開されました。1988年3月12日に封切され、『レディ!!』が原作のアニメでは日本では唯一映像ソフト(ビデオ)化された作品です。そのビデオソフトは今ではオークションなどに出品されることもあるようですが、日本でも海外でも劇場版『レディレディ!!』がテレビ放映されたという話はほとんど聞いたことがLynn 2 (PNG)ありません。それほど見るチャンスが少ない劇場版…『レディレディ!!』は原作のひとみコミックス『レディ!!』第2巻までのストーリーをアニメ化したものですが、テレビシリーズと劇場版ではキーポイントが異なります。(※ネタばれ内容がありますのでご注意くださいませ。)

リンが日本に帰ってしまうのを引き止める重要な鍵となっているのがテレビシリーズではエドワードですが、映画版ではエドワードもアーサーもほとんど出てきません(回想シーンで登場するだけです)。映画版で重要な鍵となっているのはリンが貨車に乗り込んでしまうのを目撃した町の娘のフローラ…。駅長に話しても信じてくれないと怒るフローラからリンの父ジョージと姉のセーラはリンが空港行きの貨車に乗ったことを知らされます。テレビシリーズと劇場版の違いで印象的なのがクライマックスシーン。テレビシリーズでは日本に帰るために空港の出発ゲートに向かうリンをセーラが呼び止めますが、劇場版では雨の中、飛行場の停留中の飛行機の近くまでとぼとぼ歩いていくリンを空港施設の車で捜していたジョージとセーラが呼び止めます。ジョージの「もうモードリンおばさんとは結婚しないよ」の言葉がリンのつらい気持ちをやわらげてくれました。

photo-112-web

劇場版『レディレディ!!』のビデオとTVシリーズのCD

この劇場版のオープニング主題歌はテレビシリーズで挿入歌として使用されていた島田奈美さんが歌う「ハロー・レディ」。エンディング主題歌は守谷香さんの「風が運ぶ予感」で、どちらの曲も『レディレディ!!ヒット曲集』のCDに収録されています。